本文

地域おこし協力隊(JA尾鈴直売所「産直おすず村」)を募集します。

更新日:2017年10月10日このページを印刷する

川南町地域おこし協力隊を募集します。

5名の隊員が活動中!!

「産直おすず村」を拠点とした農畜産物を主とする直売品販売事業を募集します。

鵜戸の本からの風景

自分の居場所を見つけ、豊かさを実感する暮らしをつくるために「かわみなみ」が待っています!!

 

本町は、先人たちの開拓精神を引き継ぎ、新しいことにチャレンジするいわゆる「元気なまち」と評されることが多いまちですが、他の自治体と同様、人口減少による担い手不足が課題となっています。

このことを受け、平成27年度より、地域おこし協力隊の受け入れを開始し、現在5名の地域おこし協力隊員が活動しています。

 

隊員には、今ある資源「ひと・こと・もの」に目を向け、自身が発見した価値を生かした新たな事業の提案、そして実践を期待しています。

 

先人たちが、切り拓いたこのかわみなみで、あなた自身の居場所を見つけ、豊かさを実感する暮らしをつくってみませんか?

 

 

西の別府の風景

募集概要

募集人数 若干名
雇用関係の有無
業務概要

 川南町は、宮崎県央の日向(ひゅうが)に灘沿いに位置し、西には尾鈴山を望み、東は黒潮流れる太平洋が広がる農業地帯です。南国の太陽とみどりが育む尾鈴の台地からは、年間を通してさまざまな野菜やくだものが生産され、和牛や養豚を主とした畜産業も盛んです。

 隊員には、川南町で生産される農畜産物や農業全般及び川南町の生活・文化に触れ、自らが感じ、発見した価値を活かして、川南町の活性化を図ることを目的に活動していただきます。

 具体的には、尾鈴農業協同組合が運営するJA尾鈴直売所「産直おすず村」を活動拠点とし、地産地消による生産者(農家)と消費者の交流及び農業に対する理解を深め、その運営を担いながら、事業を拡大することを目標とし、任期終了後には、直売所の責任者として、又は起業し、引き続き地域の中で活躍していただくことになります。

業務例

(1)「産直おすず村」を拠点とした農畜産物を主とする直売所販売業務

(2)インターネット及びSNS等によるタイムリーな情報発信

募集対象

以下の要件を満たす方

(1)3大都市圏又は3大都市圏以外の政令指定都市(注)に在住しており、採用後、川南町に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方

※注)ただし、「過疎、山村、離島及び半島等の地域」に該当しないこと(詳細は問い合わせください。)。

又は、地域おこし協力隊員として2年以上の経験があり、かつ、平成30年1月1日現在において解職から1年以内の方

(2)平成30年1月1日現在で、年齢20歳以上45歳未満の方

(3)普通自動車運転免許を取得している方

(4)パソコン(ワード、エクセル、パワーポイント、インターネット等)の一般的な操作ができる方

(5)任期終了後も本町に居住する意思のある方

(6)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

※ご夫婦での応募も可能です。

活動場所 川南町全域
雇用形態・期間

(1)川南町の嘱託職員(地域おこし協力隊)として町長が任用します。

(2)期間は、着任日から1年間です。

(3)更新により最長3年まで任用可能

給与・賃金 月額:166千円(この月額から社会保険料等の本人負担分が差し引かれます。賞与はありません。)
待遇・福利厚生

(1)健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。

(2)年に1回、健康診断があります。

(3)住宅の賃借料(月額5万円まで)は町が助成し、光熱水費は隊員の負担とします。

(4)活動に必要なパソコンは町が用意し、車両はリース料の一部を町が助成します。

(5)町の規程による有給休暇(最大で年10日)及び特別休暇があります。

(6)担当業務に関する研修等の旅費は、町の旅費規程により町が負担します。

(7)アルバイト等副業可

勤務体系

(1)勤務日は、基本、月曜から木曜までの週4日。

(2)勤務時間は、午前8時30分から午後5時まで(うち休憩時間1時間)。

(3)休日

   定例日 12月31日から1月4日

(4)このほか、直売所よりアルバイトをお願いされることがあります。

申込受付期間

 平成29年10月11日から平成29年11月10日まで(必着)

※メールでの提出も可としますが、ファイル形式はPDFとし、2メガバイトを超える場合は、分割して送信してください。また、原本は、おって郵送してください。

提出書類

(1)川南町地域おこし協力隊応募用紙

応募用紙 [Wordファイル/61.50キロバイト]

(2)履歴書(市販の様式で結構です。ただし、自書したものを提出してください。)

(3)普通自動車運転免許の写し

(4)住民票(応募時の住所地のもの)

(5)その他㏚等の資料(任意)

選考の流れ

(1)一次審査(書類審査、審査結果通知:11月下旬)

申込受付期間までに指定の応募用紙にてお申し込みいただいた方について、書類審査を行います。審査結果については、文書で通知するとともにお電話にてご連絡します。

(2)二次審査(業務説明会及び面談:12月上旬)

一次審査合格者に対し説明会及び面談を行います。

※説明会及び面談は本町にて行い、交通費及び宿泊費は町の旅費規程により町が負担します。

(3)最終面談(時期については、別途相談)

二次審査合格者は、本町にて面談を行い、任用後の住居等について調整を行います。

なお、面接等に要する交通費及び宿泊費は、原則、応募者負担になりますが、一部町の助成制度を活用することが可能です。

備考

平成30年1月3日の着任を予定していますが、個別の状況についてはご相談ください。

なお、住民票の異動は、必ず着任後に行ってください。

送付、問い合せ先

〒889-1301

宮崎県児湯郡川南町大字川南13680番地1

川南町まちづくり課協働推進係「地域おこし協力隊」担当宛て

電話番号:0983-27-8002

Eメール:k-chiikiokoshi@town.kawaminami.miyazaki.jp

 

各種ダウンロード

募集概要 [Wordファイル/49.50キロバイト]
 
応募用紙 [Wordファイル/61.50キロバイト]
 

川南町の紹介

宮崎県の中央部、日向灘(ひゅうがなだ)に面した川南町は、温暖な気候と豊かな自然の中で、全国でも有数の農業生産量を誇り、農業、漁業、畜産業が揃った食糧基地と言えます。 

【日本三大開拓地、かわみなみ合衆国】

川南町は、陸軍落下傘部隊の発祥の地であり、戦時中、1,500mの滑走路や軍馬補充部などが展開されていました。戦後、軍の基地開放に伴う大規模国営開拓事業が成功した三大開拓地のひとつとして数えられ、全国各地から農業を志す人々が集い拓かれたことから「かわみなみ合衆国」と呼ばれています。

先人たちは、自分の居場所(生活の場)をつくるため、広大な台地を自らの手で開拓し、暮らしをつくり上げてきました。

このページについてのお問い合わせ

[ 協働推進係 ]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680-1  Tel:0983-27-8002 Fax:0983-27-5879 メールでのお問い合わせ