本文

利用者負担について

更新日:2019年3月15日このページを印刷する

介護保険のサービスを利用した場合、その費用の1割~3割がご利用の負担になります。

 

在宅サービスの利用限度額

介護保険によるサービスは、要介護の区分に応じて、保険給付の上限額が定められています。

上限額を超えてサービスをする場合は、その分が全額自己負担となります。

 

 介護保険サービスの支給限度額(1カ月)のめやす

介護保険サービスの支給限度額のめやす

 

利用者負担の軽減について

 高額介護(介護予防)サービス費の支給について

介護保険のサービスを利用した場合に、利用者の自己負担の合計額が一定の上限額を超えた場合には、超えた分が高額介護(介護予防)サービス費として支給されます。負担上限額は利用者の所得に応じて設けられています。給付を受けるには申請が必要です。

 

 自己負担の限度額(月額)2017年8月から

サービス自己負担の限度額(月額)2017.08~

 

同一世帯内に65歳以上(第1号被保険者)で課税所得145万円以上の方がいる方。ただし、単身世帯で収入が383万円未満、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上の世帯で収入の合計が520万円未満の場合は、「市区町村民税課税世帯の方」に区分されます。 

1割負担の方のみの世帯は、2017年8月から3年間、年間上限額(8月1日~翌年7月31日)が44万6,400円となります。

 

このページについてのお問い合わせ

[ 介護保険係 ]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680-1  Tel:0983-27-8008 Fax:0983-27-1767 メールでのお問い合わせ