ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 医療・健康・福祉 > 健診・予防接種 > コロナワクチン接種 > 60歳~64歳の方の新型コロナワクチン接種について(8月1日からの予約を開始します。)

本文

60歳~64歳の方の新型コロナワクチン接種について(8月1日からの予約を開始します。)

記事ID:0005775 更新日:2021年7月19日更新 印刷ページ表示

60歳~64歳の方の新型コロナワクチン接種について

接種場所・予約方法についての内容を更新しました。
川南町では6月28日から60歳~64歳の方(昭和32年4月2日から昭和37年4月1日までに生まれた方)へ接種券などを発送しました。

目次

・接種の対象
・接種期間
・ワクチンの種類
・費用
・接種までの流れ
・接種場所・予約方法
・基礎疾患を有するものについて
・新型コロナワクチンについての各種相談窓口
・予防接種健康被害救済制度

接種の対象

川南町在住で、令和3年度中に60歳~64歳に達する方
※ワクチンの接種は強制ではありません。
※65歳以上の方で、まだワクチンを接種していない方も対象としています。

接種期間

令和3年7月13日から令和3年8月末まで
※なるべくこの期間内に接種をお願いします。
※ワクチンの入荷状況によっては変更になる可能性があります。

ワクチンの種類

ファイザー社製のワクチンになります。
筋肉内注射で、1回目の接種から3週間後に2回目の接種が必要です。

費用

川南町から御自宅(住民票の住所)に送付する接種券で、無料で接種できます。
※ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください。
※川南町が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありません。

接種までの流れ

  1. お手元に接種券が届く。
  2. 接種場所を決める。
    ※かかりつけの医療機関がある方は、必ず事前に主治医にワクチンを接種しても差し支えないかをご確認ください。
    ※かかりつけの医療機関で接種を受けられる場合があります。
  3. 予約開始日以降、予約を取る。
  4. 接種日当日までに予診票を記入しておく。
  5. 予約した日時に、接種場所の医療機関または集団接種会場へ行き、接種を受ける。
接種当日に持ってくるもの
  • 接種券 (切り離さず、台紙ごとお持ちください。)
  • 記入済みの予診票
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)
  • お薬手帳(ある方のみ)

接種場所・予約方法

コロナワクチンを接種するには予約が必要です
はじめは予約が込みあい、電話もつながりにくい状況が予想されますが、ワクチンは十分な量が確保できる見込みですので、日時を変えるなどして慌てずお申し込みください。

接種会場

川南町農村環境改善センター

接種実施日(休日接種について更新しました。)

  • 接種開始日
    7月13日(火曜日)
  • 平日接種
    火曜日・水曜日・木曜日の週3日実施
    10時~12時/13時30分~16時30分(木曜日は午後のみ)
    ※2回目の接種は、1回目の接種日の3週間後の同じ曜日・時間です。
  • 休日接種
    8月1日(日曜日)
    9時~11時30分/13時30分~16時
    ※2回目の接種日は8月22日(日曜日)の同じ時間です。

予約受付開始日(8月1日からの接種予約ができるようになります。)

60歳以上の方で基礎疾患のある方へ優先予約受付期間を設けています。
基礎疾患の有無は自己申告になります。基礎疾患についてはこちら→基礎疾患を有する者について
基礎疾患のない方は7月7日以降に予約をしてください。
※予約の締め切り等は行いませんので、慌てずお申し込みください。

  • 基礎疾患がある方の優先予約受付
    7月5日(月曜日)・7月6日(火曜日)
  • その他の方の予約受付開始日
    7月7日(水曜日)9時~
  • 8月1日からの接種予約受付開始
    7月19日(月曜日)18時~
    電話予約は7月20日(火曜日)9時~です。

 

予約方法

1回目の接種予約のみ行ってください。
2回目の接種日は、1回目の接種日の3週間後の同じ曜日・時間をこちらで確保します。
ワクチンを無駄なく接種するために、確実に接種を受けることがことができるようスケジュールの調整をお願いします。
※予約の際はお手元に接種券をご準備ください。

予約専用ダイヤル(予約開始日の9時~17時受付、平日のみ)

  • 0120-22-7335
  • 080-8900-8944
  • 080-8900-8970

予約専用サイト(予約開始日の9時~24時間受付)
川南町農村環境改善センター専用予約サイト<外部リンク>

基礎疾患を有する者について

(1)以下の病気等で通院・入院している者
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど免疫が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
・免疫異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不全と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を保持している場合)

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の者
※BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg

新型コロナワクチンについての各種相談窓口

※相談は、コロナワクチン接種に関することに限ります。その他の相談には対応できませんので、ご了承ください。

川南町コロナワクチン相談窓口

川南町の新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ
(接種場所・接種時期・接種券・接種に関する相談など)

  • 開設時間・・・平日9時~17時
  • 電話・・・0983-32-0861

宮崎県コロナワクチン副反応コールセンター

ワクチンの安全性・有効性や接種後の副反応に関する相談

厚生労働省コールセンター

その他ワクチンに関する疑問や不安な点に関する相談

  • 開設時間・・・9時~21時(土日祝含む。)
  • 電話・・・0120-565-653
    (聴覚に障害のある方は)
  • Fax・・・03-3581-6251
  • メール・・・corona-2020@mhlw.go.jp

ホームぺージリンク

予防接種健康被害救済制度

予防接種による健康被害(医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりすること)が生じた場合に備え、予防接種法に基づく救済制度(医療費・障害年金等の給付)が設けられています。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。
厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」<外部リンク>