ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 生活のできごと > 子育て・教育 > 令和4年度被爆二世健康診断調査事業の実施について

本文

令和4年度被爆二世健康診断調査事業の実施について

記事ID:0008264 更新日:2022年7月20日更新 印刷ページ表示

宮崎県では、被爆二世の方に対して健康診断を実施しています。

1.対象者

両親のどちらかが被爆者健康手帳を所持しており、かつ、原爆投下後に生まれた方(胎児被爆者は除く)で、健康診断受診を希望する方

2.実施期間

      申込期間:令和4年7月19日~令和4年8月19日まで

      健診期間:令和4年9月中旬~令和5年3月3日まで(予定)

     ※日程の詳細は後日受診希望者に通知

3.健康診断実施医療機関

   ・県立宮崎病院

   ・県立日南病院

   ・串間市民病院

   ・都城健康サービスセンター(都城市郡医師会病院内)

   ・園田病院

   ・国立病院機構宮崎病院

   ・済生会日向病院

   ・県立延岡病院

   ・高千穂町国民健康保険病院

   ・仁和会竹内病院

   ・宮崎生協病院

4.申込方法

別紙被爆二世健診申込書 (PDF 36.5KB)<外部リンク> をダウンロードしていただくか、必要事項を任意の様式に記入し、申し込み先へ郵送してください。

【必要事項】

    1)本人の氏名(フリガナ)、性別、生年月日、住所(郵便番号)、電話番号、過去の受診歴(年度と受診結果)、受診を希望する医療機関名、多発性骨髄腫検査の希望の有無

    2)親の氏名(フリガナ)、住所(郵便番号)、電話番号、被爆者健康手帳の番号

5.申込期限

     令和4819日(金)必着

6.申込先

     宮崎県福祉保健部健康増進課健康づくり・歯科保健担当

     住所:〒880-8501

   宮崎市橘通東2丁目10番1号

     電話番号:0985-26-7078

7.検査項目

     既存検査項目を受けずに、多発性骨髄腫検査のみを受診することはできません。

     なお、肝機能検査及びヘモグロビンA1c検査については、医師が必要と認めた場合に行うものと

   し、多発性骨髄腫検査については受診者の希望により行うものとします。

    ※県立日南病院・園田病院では、多発性骨髄腫検査はできません。

  (1)視診、問診、聴診、打診及び触診による検査

  (2)CRP定量検査

  (3)血球数計算

  (4)血色素検査

  (5)尿検査(ウロビリノーゲン、蛋白、糖、潜血)

  (6)血圧測定

  (7)AST検査法、ALT検査法、γ―GTP検査法による肝臓機能検査

  (8)ヘモグロビンA1c検査

  (9)血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査

8.その他

   健康診断の受診料は無料。ただし、各医療機関への交通費は自己負担になります。

   詳細は、宮崎県福祉保健部健康増進課へお問い合わせください。(電話番号:0985-26-7078)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)