ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 産業推進課 > 台風第14号で被害に遭われた農業者の皆さんへ

本文

台風第14号で被害に遭われた農業者の皆さんへ

記事ID:0008938 更新日:2022年11月15日更新 印刷ページ表示

【被災産地営農継続緊急支援事業】のご案内

 

 宮崎県では、令和4年台風第14号により甚大な被害を受けた産地に対し、

種苗等の生産資材の導入など栽培再開や作物転換等に必要な取り組みを支援します。


営農継続支援事業(県事業)

 被災した作物の栽培再開や作物転換を図る際に必要な種苗や肥料等の掛かり増し経費

の1/2相当額を定額で支援します。

【交付額(交付単価)※1

 (1)施設園芸作物

  ■栽培再開(植替)      15万円/10a

  ■作物転換(他作物の作付)  15万円/10a

  ■栽培再開(植替無し)※2   8万円/10a

 (2)露地作物

  ■栽培再開(撒き直し、植替) 2万円/10a

  ■作物転換(他作物の作付)  2万円/10a

 ※1 予算額に対し要望額が上回る場合、交付単価を減額することがあります。

 ※2 市町村が被災により30%以上の収穫量の減少が見込まれると認めた被災ほ場。

(注) 交付額は1,000円単位とし、1,000円未満の端数があるときは切り捨てて算定します。 

 【主な要件】

 ・令和4年9月17日以降の取組

 ・令和4年度中の栽培再開や作物転換


申請方法

 【受付日時】令和4年12月1日(木曜日) 午後1時~午後4時

       令和4年12月2日(金曜日) 午前9時~午後4時 (昼の1時間を除く)

 

 【受付会場】川南町役場 別館3階 第5会議室

 

 【提出物】(1)被災状況の確認できる写真

      (2)撒き直し、植替、他作物の作付をしたことが確認できる

       種子や育苗の購入伝票

      ※令和4年9月17日以降購入のもの

 【注意事項】・交付金の算定基礎となる被災面積は、経営耕地一覧表や

        共済細目書等公的な資料に記載があるものに限ります。

       ・町内の農地は役場で確認しますが、町外の農地がある場合は、

        資料を自身でご用意のうえ提出してください。

       ・申請内容に虚偽があった場合は交付金の返還対象になります。

 【お問い合わせ先】川南町役場 産業推進課 農政園芸係 Tel:(0983)27-8011

   被災産地営農継続緊急支援事業 [PDFファイル/351KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)